上頚神経節ブロック専門なかよし医院|江戸川区平井のペインクリニック【リウマチ・関節痛・耳鳴り・ALS・パーキンソン・うつなどの難治性疾患】

上頚神経節ブロックとは?

「上頚神経節ブロック」とは、星状神経節ブロックのさらに上位のブロック注射で人間の体の中で最上位の交感神経節ブロックです。

10年前に私の友人の副鼻腔炎由来の頭痛を何としてでも治そうと、できる限り上位の神経根にブロックをしようと工夫をしていた時に、偶然にも劇的に痛みが消失する箇所を見つけ、それに改良を加え続けました。

現在では超音波診断装置を用いて極めて精密にブロックする本ブロック注射へと完成を遂げた手技です。実用レベルの上頚神経節ブロックの開発をしてから10年以上経ちます。

本ブロックは大脳・小脳・延髄・脳神経のあらゆる難治性疾患に有効です。
私が治療した症例数としては
1位:突発性難聴
2位:パーキンソン症候群
3位:三叉神経痛
4位:精神疾患
5位:線維筋痛症
6位:ALS周辺疾患

です。私の医院に訪れる患者の約半数が上頚神経節ブロックを受けに来られる患者です。



上頚神経節ブロックは星状神経節ブロック(SGB)としばしば効果比較されますが、私のところへは突発性難聴の治療において、「SGBを1日2回×2週間、行った後に、回復が不十分だった突発性難聴の患者」が来院しています。

SGBは若杉先生が田中角栄の顔面神経麻痺を治したことで一躍有名になった注射ですが、その上位に行うブロックが本注射です。

私は本ブロックを年間約2000本(H30年現在)注射しています。超音波診断装置で精密に行うためか、出血・感染・神経損傷など合併症は0件。上頚神経節は内頸静脈と内頸動脈の間にあり、しかも二股に分かれた頸静脈の裏側に位置するため超音波診断装置なしでは正確に狙うことができません。これを超音波装置を使用せずにブロックをしようとすると、内頸動脈内注射となり意識消失、痙攣、呼吸停止などの合併症を起こす危険があり、お勧めしません。上頚神経節ブロックを軽々しく行うことに警告を発します。




 上頚神経節ブロックは脳に直接影響を及ぼす注射では決してありません。交感神経をブロックすることで脳内のあらゆる血管の平滑筋を緩め、そのおかげで血管が拡張して脳内の血流が上がるというそれだけの注射です。

 作用時間はせいぜい半日ですが一度でも脳内の血流が増えている状態を作ってあげると脳神経細胞が元気を取り戻すという仕組みです。元気が出るなら脳内のあらゆる病気に治療効果が期待できるという単純明快な作用機序です。

突発性難聴の治療成績はの最も新しいデータはコチラ

 さて、上頚神経節ブロックは突発性難聴の治療成績が示すような治療成績を出せる治療なのですが、突発性難聴に効果があるということは、他の脳神経由来の様々な病気にも効果があると容易に想像できます。例えば眼科的な病気、例えば三叉神経痛、例えば記憶障害、例えば精神疾患などです。

 すなわち、脳外科、精神科、眼科、耳鼻科、神経内科の疾患に効果を生むはずの治療法です。

最後に。

 上にリンクした突発性難聴の治療成績は、上頚神経節ブロック単独の治療成績ではありません。

ご加持治療という1200年前からある密教の技術を併用しています。 ご加持がどんな治療実績があるかはデータはコチラを参照ください。


上頚神経節ブロック専門なかよし医院
〒132-0035 東京都江戸川区平井5-5-6-102
03-6657-0170

Copyright (c) Painclinic & Orthopaedics All Rights Reserved.